スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【END ROLL】 一瞬の衝動は 永遠の激動
2008/09/15(Mon)
期間 : 29日
走行距離 : 10625.7km
一日の平均走行距離 : 366.4km (仙台と東京間の距離が約350キロ)

総ガソリン量 : 348.48L
平均燃費 : 30.5km/L

撮った写真の枚数 : 1528枚 (7.89G)

総使用金額 : 準備 約3万円
          旅中 約15万円
          合計 約18万円

ガソリン代 : 約6万円
食費 : 約5万円
その他 : 約4万円

平均起床時刻 : 5時半
平均就寝時刻 : 22時

ホテル宿泊 : 1日
ライダーハウス宿泊 : 2日
ネットカフェ宿泊 : 3日
知り合いの家宿泊 : 4日
キャンプ&野宿 : 19日


【もう一度走ってみたいあの道3選】

1、北海道オロロンライン
  栃木日光日本ドラマチック街道

2、長野ビーナスライン
  
3、北海道知床峠


【もう一度見たいあの水3選】

1、北海道神の子池

2、白神産地十二湖「青池」

3、屋久島の海


【次は絶対行きたいあの場所3選】

1、屋久島縄文杉

2、白神山地

3、北海道地球岬


【もう走りたくないあの道3選】

1、国道494号線(高知から愛媛へ抜ける道。夕暮れ時に終わらない峠、絶望しました。)

2、国道445号線(熊本の山道を通る道。ここでスリップ転倒しました・・・)

3、長野県碓氷峠(道の状態がひどすぎる!コーナーに砂、ヒビは当たり前。命の危険を感じました。)


【高かったグルメ3選】

1、秋田きりたんぽ鍋 : 2500円

2、富山ウニイクラ丼 : 1650円

3、苫小牧ウニホッキ丼 : 1500円


☆SPECIAL THANKS☆
・福島で道を教えてくれたおっちゃん
・栃木で絞りたてメロンジュースをくれた直売店のおばちゃん
・岐阜できゅうりやお茶をごちそうし、励ましのこ言葉をくれたおばちゃんとおばあちゃん
・岐阜で道を教えてくれ、励ましてくれたおじさん達
・大分で浜辺にキャンプしてもいいと言ってくれたおじさん
・鹿児島で泊めてくれたあらぼー
・屋久島で世話焼いてくれたキャンプ場の管理おばちゃん
・屋久島のキャンプ場で語り合ったNさん
・佐賀で泊めてくれたマウンテンボーイ
・広島で広島焼きを食わせてくれたくさP
・滋賀でご飯に付き合ってくれ、お守りまでくれた知さん
・店オリジナルのメモ帳をいただけただけでなく、
 ポリタンクに水を補充してくれ励ましてくれた秋田の料亭「お多福」の皆様
・札幌で飯を食い久しぶりに会った元ピザ帽子仙台店店長
・黄金岬で一緒に鍵を探してくれ、見つけてくれたおばさん
・稚内のキャンプ場で色々と世話を焼いてくれたお兄さん(ZX-9Rの)
・網走のライダーハウスで語り合ったおっさん達
・屈斜路湖のキャンプ場で一緒に騒いだおっさん達
・高橋家の皆様
・毎日励ましてくれたかおるさん



これで、日本1周関連の記事は終わり。

誰かの言葉、「人生は旅」
その意味がようやくわかった気がする。
迷うことだってある、転ぶことだってある。たまに行き止まりもある。
でも、その道は自分が地図を見て進もうと決めた道。
引き返せるなら引き返せばいい。
引き返せないなら進むしかない。
誰を責めることもできない。
知らない道を知ったかぶりして進んでも迷うだけ。
慎重に、時には道をたずねることも必要。
でも、自分の選んだ道を好きなように、好きなだけ走れることってすばらしい。
何より気持ちがいい。
旅は教えてくれた。
自分の生き方さえも。
もう迷いも、戸惑いも無い。
いざ行かん!


私の日本1周の記事を見て、少しでも日本のすばらしさ、そして、旅をすることの重要性や憧れを感じていただければ幸いです。
1日でも1週間でも、自分で道を決めて、自分の足で進んでみれば、きっと何か見つかるはず、感じるはず。
なぜなら、「一瞬の衝動は永遠の激動」なのだから。

励まして下さった皆様、本当にありがとうございました。
どうか皆様に、旅のご加護を。


【完】
スポンサーサイト
この記事のURL | 日本1周 | CM(0) | ▲ top
【総集片】 出会い片
2008/09/15(Mon)
旅の道中、色々な方が声をあかけてくださり、色々な方々に助けられてきました。

そんな色々な方々をここで書き連ねると主に、ミニ三脚でがんばって自分撮りした写真も恥ずかしながら公開したいと思いますよ~!

日光東照宮で。

DSC04845.jpg

長野ビーナスラインで。

DSC04934.jpg

岐阜県のある村で、もてなしてくれたおばちゃん達。
きゅうりやお茶をくれました!
ありがとうございました!

DSC05000.jpg

金剛力士増の大きさがわかる一枚!

DSC05120.jpg

東大寺のシカと。DSC05167.jpg

清水寺境内にて。

DSC05123.jpg

淡路島、瀬戸大橋をバックに。

DSC05211.jpg

大分別府温泉「へびん湯」にて。

DSC05461.jpg

桜島にて。

DSC05552.jpg

屋久島灯台にて。
ビールを飲みながら見えない夕日を想像する。

DSC05629.jpg


お決まりですが笑
屋久杉のデカサがわかる一枚。

DSC05722.jpg

くぐり杉をくぐる。

DSC05725.jpg

もののけ姫の森で。

DSC05704.jpg


鹿児島でラグビー軍団と。
泊めてくれた(しかも2泊も!)あらぼーには感謝の一言に尽きます・・・

DSC05742.jpg

教育実習のときの教え子。
もう一度、先生と呼ばれたい・・・

DSC05749.jpg

佐賀でとめてくれた、マウンテンボーイです。

DSC05769.jpg

広島でお世話になったくさぴーにバイクを占領される、の巻。

DSC05365.jpg

山口秋吉台で。

DSC05799.jpg

鳥取砂丘にて。

DSC05941.jpg


北海道ノシャップ岬。
夕日を背に。

sa.jpg

北海道知床峠にて。

DSC06534.jpg

北海道「熊の湯」にて。
かなりキワドイショット・・・

DSC06556.jpg

屈斜路湖ほとりのキャンプで出会ったキャンプ人達。

初めて北海道で熊を見ました。
しかもシロクマ。

DSC06636.jpg

翌朝、みんなで。
飲んで騒いで楽しかった!
また、この湖のほとりで会おうと誓い、別れました。

DSC06640.jpg

苫小牧で、温泉の駐車場でガキにバイクをのっとられるの巻。

DSC06658.jpg

締めくくりは、盛岡高橋家の皆様と!
お世話になりました☆☆☆

DSC06788.jpg

まぁ、僕のビジュアルに突っ込むのはやめてください笑
ヘルメットで髪は死に、服は無くなってもいい、機能性重視なので・・・(いいわけ?)

とまぁ、自分の写真が多くなってしまったんですが、写真には写しきれない出会い・助け合い・感動がたくさんあったのは言うまでもありません。

やさしさを受けた分、人にはやさしくなれた気がしました。

皆さん、ありがとうございました!


続く。「DEVIL FISH片」へ。
この記事のURL | 日本1周 | CM(2) | ▲ top
【総集片】 「約束」(東北地方)
2008/09/15(Mon)
最後は東北!
仙台にすんでて灯台元暗し、というか、東北ってすごいんだなってことに気づかされたのでありますよ。

ツウになると、東北温泉ツアーが人気らしいですね。
たしかに東北は秘湯が多いんです。

いいですよ!東北!

まず、鳥海山からの庄内平野一望。
これはすごかった・・・

DSC06092.jpg
DSC06097.jpg

男鹿半島なまはげシリーズ!

DSC06117.jpg
DSC06138.jpg

店がなまはげの顔に!

DSC06137.jpg

ちなみに写真にあった海鮮なまはげ丼がこちら。
しかし、なまはげ丼よりも左のメニューに目が行ってしまうのはなぜだろう・・・

DSC06139.jpg

男鹿半島ゴジラ岩。

DSC06121.jpg

世界遺産、白神山地の十二湖。

DSC06147.jpg

青池。
暗くてわかりにくいですが、確かに湖面が青い!
もっかい見に行きてー・・・

DSC06166.jpg

十和田湖。

DSC06721.jpg

十和田湖の水が流れる渓谷。
だいぶ癒されました!

DSC06723.jpg
DSC06724.jpg
DSC06728.jpg
DSC06744.jpg

小岩井農場。
での虐待、もといシープアンドドッグショー!
意外に後ろ向いた羊がかわいいです☆

DSC06767.jpg
DSC06769.jpg

盛岡の夜景!

DSC06786.jpg

日本3大鍾乳洞、「龍泉洞」

DSC06793.jpg

透明度世界1の地底湖。
暗くてイマイチでしたが・・・

DSC06811.jpg

霧の三陸海岸・・・

DSC06828.jpg

趣深い景色が記憶に残る中尊寺。

DSC06836.jpg
DSC06841.jpg

以下、キャンプシリーズ!

八戸の公園で最後の野宿。
もはやコンクリでも寝れることを確信した一夜。

DSC06719.jpg

最後の自炊。
究極旬盛!

DSC06716.jpg

グルメシリーズ!

2500円のきりたんぽ鍋!

DSC06109.jpg
DSC06110.jpg

ホタテラーメン!

DSC06175.jpg

高橋家の食事!

DSC06777.jpg

大人になっても絶対行きたい。
東北の大地。
我が第2の故郷。
感無量です。

帰りの道中、「仙台まで50キロ」が見えてからが、旅中一番しんどかったかもです笑
仙台市に入った瞬間は涙が出そうになりましたね・・・

改めて日本1周分の記事を書いていると、自分ではあっという間だった旅も、なんだか壮大に感じられます。
それぞれの大地にそれぞれの思い出があって。
思い出すたびに体がうずくのがわかるのです。

また、旅に出たい!と。

続く。「出会い片」へ。
この記事のURL | 日本1周 | CM(0) | ▲ top
【総集片】 「3回行ったらもうおしまい」(北海道)
2008/09/14(Sun)
北海道を旅する方々がいっていた言葉。
「学生の時に北海道にバイクで3回来たら、そいつはもうおしまい。生涯旅人になるしかねぇ!」

不思議な魔力を持つ、ライダーの聖地、北海道。

主に海沿いコースで1周をしました。

まず、思うのが、空が近い!!
北のほうに行くと、寒色系の色がきれいに見えるとは言いますが、たぶん青系の光線が多く降り注いでいるのでしょう。
しかも、やたら道が広い(あたりまえ)ので、普通の道を走っているだけで、相当興奮できます。

というわけで、北海道の「道」ショット。

DSC06302.jpg

DSC06314.jpg

DSC06420.jpg

以下、2枚、通称「オロロンライン」
ガードレールも標識も一切ない、感動的な道。

DSC06428.jpg

DSC06439.jpg

DSC06412.jpg

北海道を象徴する道、
なんたら道路19号?だっけ?
よく写真を見てく下さい。
地平線まで続くその光景に度肝を抜かれます!!

DSC06572.jpg

DSC06593.jpg

霧の道。
これでまだいいほうらしいです・・・
やばいときは、1メートル先が見えなくなるらしい・・・

DSC06643.jpg


して、岬シリーズ。

まず、積丹(しゃこたん)半島神威岬。

もちろん女性の方も入れます。

DSC06243.jpg

岬のさきっちょまでけっこうあります。

DSC06245.jpg

積丹ブルー!!!

DSC06247.jpg
DSC06261.jpg


黄金岬。

DSC06352.jpg

海がまぶしいだわさ。
ちなみに、ここで鍵をなくし足止め2時間・・・

DSC06346.jpg

ノシャップ岬。

DSC06462.jpg

たまらんですよ。

DSC06454.jpg

ちなみに、これが岬に行くまでに見ることができる、利尻島に沈む夕日。
山は、通称「利尻富士」

DSC06438.jpg

宗谷岬。
めちゃ寒かった・・・

DSC06471.jpg

襟裳(えりも)岬。
霧でなんもみえーん笑

DSC06653.jpg

それでは時系列に沿って。

まずは、函館・札幌の夜景シリーズ

函館レンガ街、夜のライトアップ。

DSC06202.jpg

よくポスターに使われているショット。
坂の上からの函館。

DSC06216.jpg

お船もライトアップ。

DSC06217.jpg

札幌ライトアップ。
霧で展望台いけなかったのが残念・・・

DSC06299.jpg

おまけ。
函館のライダーハウスで見つけた、シカの角をつけたカブ。

DSC06225.jpg

道の途中で、山から雲が滝のように流れてくる光景を見る。

DSC06478.jpg

サロマ湖展望台から。

DSC06482.jpg
DSC06483.jpg

世界遺産・知床へ。

知床峠・のぼり。
羅臼岳をのぞむ。

DSC06520.jpg

シカも愛をはぐくんでいました・・・

DSC06529.jpg


スーパー美しい、羅臼岳。

DSC06532.jpg
DSC06524.jpg

知床峠・くだり。

雲の上を走ります。

DSC06544.jpg
DSC06545.jpg

くだりの途中にある無料露天温泉。

DSC06553.jpg

っておい!
我慢して入りました・・・

DSC06555.jpg

開陽台という小高いところから見る北海道。

DSC06565.jpg

表摩周展望台は交通規制が敷かれているので、裏摩周から。

DSC06583.jpg

しかし、逆光・・・

そして、神の子池へ・・・

DSC06597.jpg

注意、これは水です。
すごい透明だったため、1瞬あせた覚えがあります。

DSC06598.jpg

以下、神の小池ショット。
どれかの写真に魚が写っています。
見つけられたあなたはハッピー!

DSC06601.jpg
DSC06603.jpg
DSC06605.jpg
DSC06606.jpg
DSC06607.jpg
DSC06609.jpg
DSC06615.jpg

しかし、屈斜路湖もなかなかおもろいところです。
ちょっぴり温泉を発掘した気分に!

DSC06620.jpg
ewew.jpg
帯広から襟裳岬に向かう道路。
黄金を敷き詰めるくらいにお金がかかったことから、このネーミング。

DSC06648.jpg

苫小牧から洞爺湖に向かう峠。
オロフレ峠。

DSC06670.jpg
DSC06665.jpg

洞爺湖。

DSC06684.jpg

洞爺湖のような透明なサミットになったのでしょうか?

DSC06679.jpg

なんちゃって笑

DSC06682.jpg

北海道キャンプシリーズ。

チルド餃子ともやしをテキトーにいためた挙句、ご飯は硬すぎてまずかった・・・

DSC06467.jpg

ライダーハウスで。
カレイとホッキ貝の海鮮丼と、レタスのお吸い物。

DSC06487.jpg

屈斜路湖のほとりでご馳走してもらった、秋刀魚のテンプラ。

DSC06632.jpg


最後に、北海道グルメシリーズ!

函館朝市。1050円

DSC06195.jpg

札幌味の時計台本店。750円

DSC06289.jpg

網走朝市流氷丼。600えん。

DSC06489.jpg

摩周湖スーパーの寿司。
50%オフかと思ったら50円オフだったっていう悲しいオチ・・・

DSC06627.jpg

広尾牛トロ丼。850円

DSC06646.jpg

苫小牧ホッキ・ウニ丼。1500円

DSC06660.jpg


北海道は、とにかく虫が多くて、ヘルメットが虫だらけになりました汗

DSC06596.jpg

おっさんたちが何年も連続で北海道にかよう理由が理解できました。
死ぬまで北海道に行き続けたい。
そう強く思わせられたところも、やっぱり北海道の魔力なのである。


そして、最後の大地へ。

DSC06701.jpg

⇒⇒LAST⇒⇒「東北」
この記事のURL | 日本1周 | CM(0) | ▲ top
【総集片】 「日本海のように、荒々しく、猛々しく」(中国地方・北陸地方)
2008/09/13(Sat)
日本海で共通していることから、中国地方と北陸地方はまとめてお送りします。

これが九州と本州をつなぐ関門トンネル。
自動二輪は通行料100円です。

DSC05412.jpg

まずは広島。
言うまでもなく、原爆ドームです。
実物見るの初めて!

DSC05370.jpg

その後、宮島へ。
厳島神社へレッツゴー!

DSC05383.jpg

潮が引いていたので鳥居の下をくぐり、沖まで歩いていけます。
天気がいい日は本当にきれいらしいのですが、この日は小雨ですたわ・・・

DSC05386.jpg
DSC05395.jpg

冬はこんな感じになるらしいので、ぜひとも見に行きたいですな~

DSC05381.jpg

北上に入ってから、まずは山口。
日本三大鍾乳洞のひとつ、「秋吉台」へ。

これが入り口。

DSC05779.jpg

鍾乳洞内部。
長い年月をできた「百枚棚」(だったっけ?)
圧巻です。

DSC05801.jpg

超巨大鍾乳洞「黄金滝」。
写真には納まりきれないビッグスケール!
ていうか、これできるのに何年かかるんだよ・・・(汗)

DSC05815.jpg

道中で見た事故現場。
これは相当なスピードで激突したと思われます・・・
おーこわ。

DSC05867.jpg

その後、琴が浜へ。
踏むと砂が鳴る、「鳴き砂」で有名です。

DSC0588<br />4.jpg

その後、「サンドミュージアム」へ。
世界最大の一年砂時計。
これ以外に印象に残るものは残っていませんわ~
入園料700円・・・高い汗

DSC05889.jpg

荒々しい日本海。

DSC05901.jpg

ぶっといしめ縄が特徴ですね。
出雲大社へ。
ずっと交通安全祈願だけは欠かせません。

DSC05920.jpg

しめ縄に大量の小銭が刺さっています。
みんながんばって小銭を放り投げていました。

DSC05922.jpg

おみくじが巻かれすぎてキモくなっている木もありました。

DSC0592<br />3.jpg

某道の駅で。
この町は、名探偵コナン作者の青山さんの故郷だそうで、こんな銅像もありました。

DSC05927.jpg

中国地方一番の期待!
鳥取砂丘へ。

DSC05934.jpg

裸足で歩くと気持ちいいです。

DSC05935.jpg

朝一でくると、まだ踏まれてない砂がいっぱい残っていて、きれいな模様が見られます☆

DSC05942.jpg

日本海の激しい荒波で、岩が面白い形に削られていて、見ごたえがあります。

DSC05994.jpg
DSC06006.jpg

トンネルも大胆にほられています。

DSC06079.jpg


宮崎の鬼の洗濯岩に続いて、弁慶の洗濯岩が島根にありました。
鬼の~ほどには形が整っていませんでしたが、立派な洗濯岩でした。

DSC06004.jpg
DSC05996.jpg

そして、旅上の大トラブル。
砂浜にはまる愛車・・・

DSC06063.jpg

脱出跡・・・

DSC06064.jpg

そして、いざ金沢へ!

DSC06018.jpg

いわずと知れた兼六園。
これを日本三景にしたほうがいいんじゃ・・・笑

DSC06021.jpg

日本庭園の美しさは無敵なり。

DSC06041.jpg

以下、キャンプシリーズ。

萩での、しいらの刺身。

DSC05848.jpg

能登豚を使ったヤキソバ。
海見て食うヤキソバはめちゃうまかったなぁ・・・

DSC06066.jpg

職務質問された野宿現場・・・

DSC05849.jpg

鳥取砂丘のとなりのキャンプ場にて。

DSC05930.jpg


グルメシリーズ。

広島でクサピーに連れてってもらった広島焼き屋。

DSC05363.jpg

宮島名物揚げもみじ(カスタードクリーム笑)

DSC05402.jpg

宮島のカキ。
広島のカキはやはりうまかった!

DSC05404.jpg


中国地方は内陸部に行ってないし、尾道ラーメンも食べてません・・・
あと、角島も・・・

北陸は、金不足のため食い倒れができませんでした・・・
越前ガニ・・・

日本海は冬がうまいといいますね。
是非とも冬に行って、あんこう鍋でも食べてみたいものですね♪


⇒⇒NEXT⇒⇒「北海道」
この記事のURL | 日本1周 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。