スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【春の房総半島旅行】
2010/03/22(Mon)
気づけはもう3月。
千葉に引っ越してから1年が経とうとしています。
色々考えてしまう時期でもあります。
------------------------
3連休を利用して、1泊2日で房総半島に行ってきました。
大量の写真を交えて紹介していきたいと思います。

■1日目
3連休の魔の渋滞を避けるべく、朝6時起床を目指す!
・・・が、起きたら8時!!

出発するも、思いっきり渋滞に激突~
3連休初日から事故ってる現場に遭遇したときは、ドンマイって思っちゃいました。

今回利用したのは、かの有名な東京アクアライン。
東京湾を横断する高速道路で一気に房総半島まで行けます。

アクアライン途中のサービスエリア「海ほたる」は海の上に浮かぶ要塞のような場所。
遠くに東京の高層ビルが見えます。

DSC01969.jpg

関東圏に強風が吹き荒れる日だったこともあり、横風がとんでもねー
100キロ出すとハンドルが暴れます。

DSC01990.jpg

------------------------

海を渡り、千葉県木更津に到着。
そのまま高速で房総半島を南下し、房総半島の名所「鋸山」(のこぎりやま)へ。
山肌がのこぎりの歯のような形状をしていることから名づけられたそうです。

DSC02031.jpg

DSC02057.jpg

切り立った山にせり立った岩の上から下を覗き込む「地獄のぞき」は圧巻!

DSC02035.jpg

DSC02048.jpg

また、切り立った崖の下はラピュタのような世界が広がっていました。

DSC02055.jpg

交通安全の神様も祭られています。

DSC02060a.jpg

鋸山展望台をバックに。

DSC02089.jpg

------------------------

その後、某格安サイトで予約した旅館へ。
そこには、旅館とはかけ離れた恐るべき宿があった・・・
何が恐ろしいかって?
その部屋のクオリティに驚愕!

■「旅館の部屋」とかではなく、ただの「人の家の部屋」
■だって部屋の扉とかは一切なく、ふすまで仕切られてるだけ!笑
■仏壇が置いてある部屋と隣り合わせなんて!足向けて寝られません。
■晩御飯はまさかの1時間遅れ・・・
■しかも醤油入れる器が激汚かった・・・
等等。

とにかく過去宿泊した中では最悪の部屋でした。
口コミにしっかりと書いてやりますからね!ええ!

まぁご飯はまぁまぁでした。
なんてったって伊勢えびプランだもの!

DSC02095.jpg

DSC02097.jpg

1泊2食付伊勢海老プランで1万円という安さに惹かれてしまったがゆえの過ちです。
皆様、千葉県の旅館「聖○壮」にはくれぐれもお気をつけて・・・

■2日目
夜は嵐でしたが、朝になると天気は回復。

この日は房総半島の西側から、東側の「鴨川シーワールド」へ!

免許さえあれば誰でもスポーツドライビングを味わえます。

DSC02120.jpg

途中からシーワールドの駐車場待ち渋滞に巻き込まれながらも、昼前にはシーワールドへ突入!

・シーワールド遺体シリーズ

DSC02202.jpg

DSC02182.jpg

DSC02179.jpg

DSC02173.jpg

・恐怖シリーズ

DSC02230.jpg

DSC02221.jpg

DSC02333.jpg

DSC02347.jpg

DSC02327.jpg

・イルカシリーズ(白イルカ、イルカショー)

DSC02358.jpg

DSC02360.jpg

DSC02291.jpg

DSC02289.jpg

DSC02253.jpg

DSC02297.jpg

DSC02298.jpg

DSC02313.jpg

DSC02316.jpg


いやーやっぱりいくつになっても水族館は心を癒してくれます!
イルカショーなんて見るの10年ぶりなんじゃねぇかって思うくらい久しぶりだったけれど、それでも興奮!感動!

------------------------

お腹が減ったところで、再び房総半島の西側へ行き、海鮮料理屋「ばんや」へ。
海の飯っぽい雰囲気。

4時くらいいったにも関わらず、店内大混雑。
どうやら当たりを引いたらしいです。

朝獲れ寿司9カンで850円!
ネタがでかい!

DSC02389.jpg

メジナの煮付け500円!

DSC02391.jpg

安い!
そしてうまい!新鮮!

お腹がいっぱいになったところで、帰路へ。

DSC02400.jpg

DSC02402.jpg

首都高はカオス状態だったため、下道を使いながらなんとか帰宅。
宿意外はとても楽しめたいい旅行でした!

全走行距離は400キロ程度。
ガソリンは60位使ったから、燃費は6~7くらいでしょうか?
渋滞&ターボガンガンで走ってたので、当然か・・・

FDは早くて来週に点検に入ります。
旅行はGWにまた行くことにしました!

次はGWを目指して仕事をがんばろう!!
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(3) | ▲ top
【初詣行こう!】
2010/01/11(Mon)
近くの大崎八幡宮に行っていた大学時代。

関東に住んでいるのならば、一度は行ってみたいな鎌倉

というわけで、鎌倉に初詣に行って来ました!


湘南には過去2回行ったけど、鎌倉にはあまり興味がなくて(大仏とか)
立ち寄りもしなかった・・・

それよりも江ノ島!海!シラス!


海の神々に感謝の意をこめて、出発~

横浜横須賀道路を南下して「朝比奈IC」で降車。
が、しかし、朝比奈峠経由の鎌倉行きの道はとんでもない渋滞!
結局1時間くらいは渋滞に巻き込まれてました・・・
鎌倉に行くときは、ここだけは通らないほうがいいです。

鎌倉の鶴岡八幡宮で初詣♪
引いたおみくじは「凶」

DSC01705.jpg

その後、横浜へ向かうことに!
しかし、最短距離で行こうとすると、あの恐怖の朝比奈峠を通過することになる・・・
ということで、遠回りで湘南の海沿いを経由してから北上して横浜に行くことに。

ちなみに、朝比奈と聞いてハ○ヒよりラーゼフ○ンを思い浮かべるのは僕だけでしょうか?

湘南海岸に出ると、きれいな夕焼け。
海のそばに住みたい。

DSC01714.jpg

海沿いから伊豆ICに乗り横浜へ。
中華街は2回目です。
駐車場は「山下町営駐車場」がオススメ!
12分100円なので、安く済みますよ。

DSC01736.jpg

中華街で無事に食事を済ませ、夜景を堪能。

赤レンガ街

DSC01742.jpg

DSC01745.jpg

対岸からのヨコハマ

DSC01740.jpg

ヨコハマ

DSC01749.jpg

寒いせいか、山下公園などで愛をはぐくむカップルが少なかったです。
(それでもいたけど笑)

その後、横浜ベイブリッジを越えて「悪の車の溜まり場」大黒パーキングに行こうとするも、なぜか大黒パーキングは封鎖中・・・
残念すぎる!
湾岸線沿いの夜景を楽しみ、帰宅しました。

しかし、首都高走行に全く慣れず、迷いまくり!
こりゃ新しいナビ買わないと命が危ないなぁと思った日でもありましたよ。

今回、気温と路面の温度が低く、タイヤも夏用なので、夜間は80キロ程度で走行してましたが、いいタイヤ履いて、ヒヤヒヤせずに湾岸線をかっ飛ばせるようにしたいですねぇ。
この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
【2009年-筑波山走り納め】
2009/12/13(Sun)
2009年も残りわずかとなりました。

11月から家計がピンチになり、しばらくドライビングを控えてました。
自慢の車も、ここ1ヶ月は食料運搬要員に成り下がり・・・
(たまに灯油・・・)

ロータリーエンジンは、ブン回さなきゃ腐っちゃうので、2009年の走り納めとして筑波山に行くことに!

しょっちゅう筑波山に行ってますが、今年の4月から数えて5回目です。

改めて筑波山の説明を↓

■日本100名山にも選ばれており、自然が美しいことで有名(特に紅葉)

■ガマの神様がいるのかしらんが、祭られている。

■温泉もある。

■高低差のある、ほどよいワインディングを楽しむことができる。
(ヘアピンカーブとかはなく、すべて時速60キロ以上でクリアできる高速コーナー揃い)

■今でも走り屋が集う、貴重な場所である。(たまにフェラーリ出現)


と、まぁ車に負荷をかけて走るには丁度いい場所なんだす。

筑波山は柏から1時間くらい。
ピークシーズン以外は道もすいてて快適に行けます。
首都圏にしては珍しいスポット。

筑波山付近は酒造の蔵元が多く、日本酒やら梅酒やら、たくさん売ってあります。
地図見ても、筑波山の中腹に
「梅林」みたいなものが確認できます。

今回は、筑波山にアタックを仕掛ける前に酒蔵寄って酒を購入しました。
年末においしい酒が飲めますワ。

( ̄ー ̄)

↓酒蔵とマイカー
DSC01326.jpg

その後、近くのハンバーグレンストラン『ペンギン』へ。

何でも和牛100%を使用し、塩で食べるのが特長だそうで。

注文してみると・・・

↓『びっくり』とは違うのだよ!!『びっくり』とは!!
DSC01337.jpg

↓レアを注文。
見た目はアレですが、食べてみると~
レアの部分の柔らかさと、ミディアムの部分の弾けんばかりの弾力が同時に襲ってきて・・・
ああッ(´д`)
DSC01338.jpg

結論、ハンバーグの価値観を変える味!

「今まで食べてきたのはハンバーグではなく、なり損ないの『半バーグ』だったんだ・・・」

なんて、うまいことを言いながら210グラムハンバーグランチコース約2500円を味わいました¥¥¥

筑波山に行った時には是非行くべし!


腹いっぱいになったところで、筑波山アタック開始!
といっても、相変わらずのチキン体質と、ところどころのウェットな路面・・・
ほとんど、3速・ちょいブースト・ちょんブレーキで攻めてました。

でも・・・

き、気持ちいいぃぃ( ´∀`)

ほど良く上りと下りがミックスされて、高速スピードで曲がれるコーナー・・・
筑波山はやっぱり最高です!!!

↓筑波山中腹「朝日峠」にて
きれい・・・
DSC01344.jpg

↓「朝日峠からの夕日」
きれい・・・
DSC01349.jpg

ということで、無事に下り、帰路についたわけでありました。
往復で150キロ程度。
身近な聖地「筑波山」

¥が安定してきたら、毎週行きたいですなぁ。
自然に近いし、職場には遠・・・いや、まぁまぁ近い。
それでいて家賃が安く、ドいな・・・いや、まぁまぁ都会。

千葉県柏市はそんな場所です。
この記事のURL | | CM(3) | ▲ top
【北関東弾丸ドライブ-日光・草津紀行-】
2009/11/07(Sat)
秋も深まる、11月1日と2日、1泊2日の旅行に行ってきました。

題して「北関東弾丸ドライブ」

ルートは、柏→日光→草津→榛名山・伊香保→柏

通常であれば一気に行くには遠い、「日光」「草津」を同時に制覇しようというのがこの名前の由来です。

今回の難所は「日光の渋滞」これに尽きます・・・
紅葉のこのシーズン、いろは坂を中心に大渋滞らしい。

作戦としては、少し遅めに日光に着き、ゆっくり日光を観光。
その後、午後すぎにいろは坂を上りはじめる。


【11月1日】
朝9自、柏発・・・

のはずが、いきなり寝坊により10時過ぎ発・・・笑

これが功を奏したのかは知らんが、
柏IC→三郷JCT→川口JCT→日光IC
まで、渋滞は全くなし!!

おかげで日光ICまで2時間くらいで着きました。
ただ、IC降りてから即効渋滞が始まるので、
少し行ったら車止めて日光東照宮まで歩くことに。
(お店の駐車場に勝手に停めたので、料金タダ笑)

そこから20分くらい歩いて東照宮到着。

DSC00966.jpg

このとき紅葉真っ盛り!!

DSC00978.jpg

東照宮は日本1周のときに行ったから、約1年ぶりのご対面。

DSC00964.jpg

DSC00984.jpg

コロプラっていうケータイゲームと提携している、日光にあるお土産屋さんにも行ってきましたよ!
石田屋さんって言って、煎餅等がものすごいおいしい!

DSC01004.jpg

そして、作戦が的中したのか、午後2時を過ぎて東照宮を出ると、上りいろは坂はがらっがら笑
反対に、下りいろは坂は大渋滞・・・

DSC01013.jpg

紅葉が終わり始めていたいろは坂ですが、まだまだきれい!

DSC01016.jpg

ここからこの、前を走る赤いモビリオスパイクをぶち抜き、いろは坂とうげ攻めが始まるわけです。
日光いろは坂は、上り下りで、合計48箇所のヘアピンカーブがある、すさまじい峠道です。

DSC01022.jpg

ジェットコースター並みに、右に左に揺られながら、頂上に到着。
頂上に着くと、雨が降ってきた。
そんな中で見る中禅寺湖は、ただの水溜り・・・
いや、晴れているときは本当にきれいなんだって。

DSC01045.jpg

ここからが本当に長い!
いろは坂を上ってからは、ずっと一本道!
日本ロマンチック街道を、沼田方面に爆走。
沼田を抜けても、ロマンチック街道を爆走。
そうすりゃ日光に抜けられます。

・・・4個くらい激しい峠道を抜けなければならいないのですが・・・
しかも、かなりきつめの峠道・・・
さすが(?)の僕でも、夜ということもあって、一回ヘアピン曲がり損ねてコースアウト寸前になりかけました笑
さすがに夜で土砂降りの中、人生一発コースアウト並みのスピードは出していませんでしたが・・・
かなりの恐怖。

おかげで泊まる予定のペンションには5時チェックインで予約していたのに対して、7時に着くという大幅遅刻笑
日光と草津を同時にめぐろうとしている方!
日光⇔草津は一本道ですが、道がかなり厳しいんで覚悟していてください笑!!

7時にペンションについて、すぐご飯。
サイトで見る限り、かなりボリュームのある食事を出していただけると好評だったこのペンション。
予想通り、すばらしいボリュームでした笑

奥の土鍋はサケのチャンチャン焼き。
串揚げ8品をはじめ、きのこの炊き込みご飯等、すばらしい内容でした。

DSC01060.jpg

食後はもちろん、「草津」ということもあり、温泉!!
恋の病以外はすべて治ると好評の草津の湯は酸性で、入ると傷がピリピリします。
しかし、肌にはとてもよく、風呂上りで化粧水をつけなくても肌が突っ張らない!

北は北海道、南は屋久島まで、日本各地の温泉を巡った、自称温泉愛好家としては、草津の湯はかなり良質。
関東人にぜひともお勧めしたい温泉です。

そして、日光の石田屋で買った煎餅等をつまみに晩酌~~
温泉上がりの一杯って・・・最高ですね。
もうおじさんなんでしょうね・・・

すぐに寝てしまい、朝までぐっすり・・・

朝ご飯もしっかり食べて、朝風呂入って大満足の内容!!
その気になるお値段は・・・???

一泊 2食付 温泉24時間入り放題
で、お一人様7000円♪♪♪


かなり満足な内容でした。
ペンションみともさん!
どうもありがとう!!

DSC01086.jpg


【11月2日】

この日はまず、草津温泉名物、「湯畑」へ行ってみることに。
湯畑ってなんぞや?
うーん、源泉が出てるところを池状にして、観光地にしたところでしょうか?
とりあえず、ハイパー硫黄臭いです。

DSC01097.jpg

周りの温泉街は風情があって好きですがね~

DSC01101.jpg

足湯とか手湯とかもあって、あったまれるスポットです。
この日、草津はめちゃんこ寒くて、僕らが訪れた次の日なんか、雪の予報が出ていたらしいです。
恐るべし。

草津から、南下することにし、次の目的地は「榛名山」

途中、温泉郷があり、その周辺の紅葉がまっさかり!

DSC01111.jpg

さて・・・

●クイズ:「榛名山」と書いて、なんと読むでしょうか?
A:ぼうなさん
B:はるなさん
C:あきなさん


正解は・・・Bのはるなさん!

Cを選んだあなた・・・
頭文字Dが好きですね!!??

いや、いい勘してます!
この榛名山、頭文字Dの「秋名山」の舞台になっているんですよ!
当然ダウンヒルのスタート地点とか、あの溝とか見たいわけですよ!
秋名の峠を攻めてみたい訳ですよ!

・・・がしかし・・・

DSC01171.jpg

霧で全く何も見えませんでした。
今年に入って霧にやられてばっかりです苦笑
かろうじて湖面と道路の脇にある「溝」は確認できました・・・

あと、榛名山の下り連続ヘアピンカーブも体験しましたが、土砂降りと霧のため、安全運転でした。
おもしろくねー笑

榛名山から東に向かうと、伊香保温泉郷というところに着きます。
この伊香保温泉も結構有名らしいのですが、それ以上に有名なのが「水沢うどん」
といっても、最近まで知らなかったのですが笑

皆さんは日本3大うどんって知ってますか?
誰でも知ってる香川の「讃岐うどん」
東北の人なら知っている秋田の「稲庭うどん」
そして、もうひとつが、これ、群馬の「水沢うどん」なのです!!

ガイドマップ見て、皇御用達みたいな「清水屋」といううどん屋に行くことに。
有名人がいっぱい来ている、あんなお店です。

注文は小・中・大のざるうどんのみ。

奥が中で、手前が大です。
・・・ざっと見た感じ、大は中の3倍はあります・・・

DSC01174.jpg

水沢うどんの特徴は、何と言ってもそのつけダレにあり。
しょうがの風味を生かした、ゴマダレなんです。

うどんのコシは、
讃岐が「剛」なら水沢は「柔」
讃岐が「サイモン」なら水沢は「ガーファンクル」って感じです。

要は、コシがありまくるわけじゃないんだけれど、弱いわけでもない、その絶妙なトコを突いているんです!
麺に関しては絶品です。

ただ、ダシがなぁ。
このお店だけかもしれませんが、ゴマダレなのにゴマの風味が薄く、
なんだかうどんの麺だけをひたすら食っている悲しい気持ちになります。

それと、「値段」
観光地に行って、食に惜しげもなくお金をつぎ込むことで有名な私ですが、
うどん大で1400円は高すぎるだろう・・・
中でも1000円て・・・

讃岐を見習いなさい!と言いたくなるね!(製麺所だったら、一杯150円で食べられる)
ちなみに、稲庭うどんは1年前の「白神山地ツーリング」で一回だけ食べたけど、
比内地鶏スープをダシに使っているらしく、若干高めの1000円くらいだった気がします。

DSC07468.jpg

ちなみに秋田に行くなら秋田市の「お多福」っていう料亭に行ってみてください。
料理と酒ののクオリティはマジ高いです。
今まで2回秋田に行ってますが、2回ともお多福さんで食事してます。

まぁ、懐があったかければ、の話ですが・・・(参考価格:きりたんぽ鍋一人前=3000円)

DSC06109.jpg

おっと話がそれました。

自称うどん愛好家を語るぼくなので、ついアツくなってしまうんです!


うどんを食した後、帰路に着くわけですが、途中まで下道、途中から高速を使い無事に帰り着きました。
平日ということもあり、渋滞はほとんどなし。快適!
合計約540キロというロングドライブでしたが、燃費は8~9km/lという高水準な数字をたたき出しました。


昨年の夏に行った日光東照宮ですが、秋の東照宮はまた違う魅力があり、日本の四季のすばらしさを感じることができる旅でした。
秋も深まる今日、皆さんも、どこかに出かけてみてはいかがでしょうか??
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
【僕と富士山-同期旅行to山中湖-】
2009/11/04(Wed)
例えば今、柏西高校(仮)に忍び込んで、JKに魔人のごとく襲いかかったら、
新聞に『容疑者は、柏市在住の23歳男性(無職)』と書かれる、そんな僕です。


そんな僕は、10月10日から1泊2日の同期旅行に出発。
そのときのことを書いてみようかなと思います。


さて、今回の目的地は富士の湧水が流れ込む「山中湖」らしい。
7月、8月、と2回伊豆方面に行ったけど、全く富士山を見ることができなかった
なんとも運が悪いボク。

・・・今回こそは・・・


《10月10日》
@新宿

おれの車はスペシャリティカーだから、一人でのんびり富士山方面に向かうぜ!・・・
というわけにもいかず、2人を積んで3人で目的地へ。
正直狭い。

そして都内はいきなり雨笑


中央自動車道に乗りしばらく走ると、同期の車を発見。

助手席T「まこっちゃんッッ!ブチ抜けよッ!」
後部座席S「涼しい顔で手振ってやろうぜェッ!!」

ま「いっけぇぇぇぇ!マ●ナム!!」

時速120km・・・130km・・・・・・170kmッッッ(5速ターボブースト全開)

助手席T「ふぁぁぁあああ・・・」
後部座席S「ふぁぁぁあああ・・・」
ま「ふぁぁぁあああ・・・」

冷汗でシフトノブとハンドルがピカピカ輝き始めたころ・・・

なんやかんやで山中湖近くのペンション到着。
2階建てのログハウスで、中はかなり広い。
そばに池があり、バーベキューするところもある。

こりゃあいいや!と思ったのか、ビールを飲み、つまみを食べだすメンズ達。
このとき時は午後3時あたり・・・

おっさん達はほっといて、車を出し富士山が見えるらしい山中湖の展望台「パノラマ台」に行く。

DSC00520.jpg


残念ながら雲に隠れてしまい、全く見えない富士山を想像しながら、次々と華麗にポーズを決めていく僕ら。

DSC00514.jpg

DSC00521.jpg

DSC00526.jpg

あまりの華麗さに、富士さんも照れてしまったのだろう



そうしているうちに時間がすぎてしまい、ペンションに戻ることに。
山中湖は中々高所にある湖で、気温は平地に比べてかなり低い・・・

当然夕方になると、ぬわんだこれわ!というわんばかりの気温に・・・
そんな中のバーベキュー!

DSC00529.jpg

しかも小雨が降りしきる中、というおまけ付き!
人一倍寒がりなボクは、もうガタガタブルブル。

思えば、このあたりから後に語られる悲劇へのカウントダウンは始まっていたのかもしれないよ。(悲劇1へ続く)

早々にバーベキューを切り上げペンションの中に移動し、ワイン・ビール・日本酒、何でもござれ!

日本酒を飲んだらほぼ確実にうとりしてしまうボク・・・
この日も、しばらくしてトイレでうっとりしてました・・

全体もうっとりしてきたところで、みんな就寝。

DSC00549.jpg


《10月11日》
なぜか朝の6時に花火がドッカンドッカン上がり、無理やり起こされたわけです。

当然みんなは死んでいる・・・

昔から、酒を飲んだ次の日はなぜかハイテンションになる体質。

「山中湖でも1周してみっか・・・」

ということで愛車のアイドリングを始めることに。

空が澄んでおり、もしかしたら・・・と思わせてくれるような天気!

車があったまったので、シフトをローギアに入れ、山中湖へ向かう。
目的地は昨日行った「パノラマ台」!

関わらず、多くのギャラリーが道をふさぐ。
コレはもしかしたら・・・と思い振り返っていると・・・

DSC00579.jpg

富士山!

DSC00603.jpg

コントラスト鮮やか!

DSC00607.jpg


そして富士山!

DSC00613.jpg

山中湖と富士山!


興奮冷めやらぬまま湖畔沿いをぶっ飛ばし、山中湖1周完了。
これほど気持ちのいい朝は久しぶり!

おそらく、今年の「マイ・ベストモーニング賞」を受賞できるでしょう。


ペンションに戻るとみんな起床。
片づけをして、今日も元気に出発!

DSC00618.jpg


まずは山中湖近くにある「紅富士の湯」へ!
この温泉、露天風呂から富士山が丸見えなことで有名。

どれどれ入ってみると・・・

!!!←これくらい衝撃

天気がいいのもあって、本当に丸見え!
山頂付近の登山道までくっきり見える!

「どんなに立派な富士山を持っている人がいても、この温泉に来るとドラえもんに登場する裏山レベルに見えてしまいますよ」
by温泉の番台さん

奥ゆかしいですね~
裏山といえば、たしかキー坊を育てたり、銀河エクスプレスの出発駅だったりするんでしたよね!
あと、裏山の再開発が問題になって、ドラえもんのママが開発反対運動に参加する映画もあったような・・・

そんなこんなで番台さんがそんなことを言うわけもなく、温泉あがり食事のために車を走らせる。

富士山を見ながら走り、BGMも「OASIS」とテンションも↑↑
一般道にも関わらず、時速ぬぬぬkmなんて出しちゃう★

そして、これもまた、悲劇への序章であった・・・(悲劇2へ続く)

そうこうしているうちに、ほうとうチェーン店「小作 河口湖店」へ到着し、ほうとうを貪り食う!


小作の駐車場で解散して、マイ・スペシャリティカーはまた、キャパ越えの3人を乗せて都内に向かう。
途中まで、助手席Sが夜の合コンについて意気込みを語りだす。
↓以下、実話を忠実に再現

助手席S「今日ヤりたいんだよね~」
後部席O「おれが女役やってやるからシュミレーションしてみようよ!」
ま(ETC確認よし、と。中央道に入るか。)

助手席S「OK~・・・わりぃ!今日送れてごめんな!」
後部席O「まぁ!遅れてかっこいい人が来たわ!それに!あそこもデカそう!」
ま(混んできたな・・・渋滞がどこから始まるのかが勝負だなぁ)

~5分後~

助手席S「Zzzz・・・」
後部席O「Zzzz・・・」
ま「ッッッ!!」

そんな感じでほぼ寝たきりの2人を乗せて、BGMは「イマージュ」
八王子ICくらいから大渋滞で全く動かなくなる。

下道に行っても全く渋滞が解消されないので、途中のJR中央線沿いの駅で2人を下ろすことに。

その後再び高速に乗るが、調布付近でまたまた大渋滞。
新宿の高井戸ICを越えてから車が動き出し、いつもどおり柏ICで下車し、帰宅。

走行距離430キロの、長旅でした。

富士山も見れたし、温泉は最高だったし、うまいものにもありつけた!

しかし、平和はそう長くは続かない・・・
それから始まる3つの悲劇によって、NEETはNEETERへ、そしてNEETESTへの階段を登ってしまうのか!?

IYAAAAAAAA!!
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。