スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【総集片】 「風、山、大地、すべて我が血肉」(九州地方)
2008/09/12(Fri)
そして九州の地へ。

やはり空気が違いました。
生まれ故郷。

全体的に天気はよくなかったのですが・・・

まずは大分から。

大分、別府温泉を上から見たもの。
温泉の湯気が町中から出ています。

1144176225.jpg

なんと、排水溝からも湯気が吹き出ています!

DSC05440.jpg

そして、排水溝には硫黄の結晶が!
化学系にはたまらない!(に違いない。)

DSC05450.jpg


その後、無料の秘湯へいってみることに。
しっかし、雨上がりということもあり、秘湯にふさわしい霧・・・

DSC05458.jpg

そんな道を20分くらい汗橋走ってようやく到着!

DSC05462.jpg

秘湯「へびん湯」!
地元のかたがたもいらっしゃいましたが、方言がまったくわからず(同じ九州人としてショック・・・)苦戦しました・・・

続いて宮崎へ!
日南フェニックスロード!
写真に見える、南国っぽい植物が「フェニックス」という名前なので(確かにフェニックスの羽っい?)、フェニックスロード!

DSC05494.jpg

道の駅「フェニックス」から見る「鬼の洗濯岩」。
これ、初めは人工建造物かと思っていたのですが、これ、自然が作ったものなんですね~
感激しました

DSC05497.jpg
DSC05501.jpg

そして、生まれの地、鹿児島へ。
泣く子も黙る?桜島!!

DSC05518.jpg

桜島は1周できるようになっていて、展望台もあります。

DSC05542.jpg

桜島からの鹿児島市内風景。

DSC05547.jpg

そして、いざ!屋久島へ!
フェリーへ。

DSC05576.jpg

フェリーで拘束された図。

DSC05583.jpg

屋久島の海!
やはり、島の海は違うなぁ。

DSC05602.jpg
DSC05619.jpg

屋久島の夕日・・・は見えずとも、ビールはうまい!の図。

DSC05626.jpg

翌日、屋久杉を見に。

DSC05595.jpg

野生のシカが苔を食む姿も見受けられました。

DSC05651.jpg

美しい渓流美。

DSC05675.jpg

杉の下を通れる、「くぐり杉」

DSC05684.jpg

屋久杉。
やっぱりぶっといです。

DSC05687.jpg
DSC05692.jpg
DSC05720.jpg

そして、「もののけ姫」の舞台イメージになった森へ。
もはや美しすぎて言葉が出ない・・・

DSC05698.jpg
DSC05705.jpg
DSC05709.jpg

その後、北上し、佐賀へ。
佐賀の夜景はしょぼすぎです・・・笑

DSC05755.jpg

10年ぶりくらいの我が母校「金立小学校」。

DSC05762.jpg

そして、もと我が家。
・・・居住者なしで封鎖されていましたが・・・

DSC05766.jpg

長崎は九十九島に期待していたのですが、雨でもうこんな状態・・・
途中で引き返しました・・・

DSC05768.jpg

以下、九州グルメシリーズ。

別府温泉名物温泉プリン。
あたりはメチャ硫黄くさいですが、このプリンは格別にうまいのです!
小さいころこの別府温泉に来て、このプリンがおいしかったことだけは覚えていました。

DSC05447.jpg

あらぼーが魂をかけておごってくれた黒豚しゃぶしゃぶ

DSC05567.jpg

熊本名産ウォーターメロンパン。

DSC05760.jpg

ラーメン4連発!!

福岡南部のラーメン。

DSC05414.jpg

屋久島島美人ラーメン。

DSC05591.jpg

ナベアツも来たらしい!

DSC05592.jpg

久しぶりの熊本「こむらさき」ラーメン。

DSC05751.jpg

ラストは久留米大砲ラーメン。

DSC05771.jpg

次はキャンプシリーズ。
といっても、友達の家に泊まったこともあって、キャンプは2回しかしてません。

ピーマンともやしいためただけのもの・・・

DSC05473.jpg

トビウオの刺身。
酢味噌で食べるんですね~

DSC05635.jpg

朝、カニさんがテントにもぐりこんでいたときもありました。

DSC05474.jpg

朝日もなかなか!

DSC05475.jpg

美しいもので!

DSC05488.jpg

九州はほんっと天気に恵まれず、苦労しました。
時間があれば、熊本の海方面と、長崎の隅々までまわってみたかったものです・・・
また、鹿児島の端っこまで行けなかったので、まわってみたいものですね。
特にいぶすきにはぜひとも行きたかったですな~
まぁ、実家が鹿児島に引っ越したから、たぶんいつか行けるでしょう。
久しぶりに多くの友達とも会い、旅の疲れを癒してもらった大地には違いありません。

⇒⇒NEXT⇒⇒「中国」
スポンサーサイト
この記事のURL | 日本1周 | CM(0) | ▲ top
<<【総集片】 「日本海のように、荒々しく、猛々しく」(中国地方・北陸地方) | メイン | 【総集片】 「四国の谷は深いぜ」(四国地方)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。