スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【総集片】 「3回行ったらもうおしまい」(北海道)
2008/09/14(Sun)
北海道を旅する方々がいっていた言葉。
「学生の時に北海道にバイクで3回来たら、そいつはもうおしまい。生涯旅人になるしかねぇ!」

不思議な魔力を持つ、ライダーの聖地、北海道。

主に海沿いコースで1周をしました。

まず、思うのが、空が近い!!
北のほうに行くと、寒色系の色がきれいに見えるとは言いますが、たぶん青系の光線が多く降り注いでいるのでしょう。
しかも、やたら道が広い(あたりまえ)ので、普通の道を走っているだけで、相当興奮できます。

というわけで、北海道の「道」ショット。

DSC06302.jpg

DSC06314.jpg

DSC06420.jpg

以下、2枚、通称「オロロンライン」
ガードレールも標識も一切ない、感動的な道。

DSC06428.jpg

DSC06439.jpg

DSC06412.jpg

北海道を象徴する道、
なんたら道路19号?だっけ?
よく写真を見てく下さい。
地平線まで続くその光景に度肝を抜かれます!!

DSC06572.jpg

DSC06593.jpg

霧の道。
これでまだいいほうらしいです・・・
やばいときは、1メートル先が見えなくなるらしい・・・

DSC06643.jpg


して、岬シリーズ。

まず、積丹(しゃこたん)半島神威岬。

もちろん女性の方も入れます。

DSC06243.jpg

岬のさきっちょまでけっこうあります。

DSC06245.jpg

積丹ブルー!!!

DSC06247.jpg
DSC06261.jpg


黄金岬。

DSC06352.jpg

海がまぶしいだわさ。
ちなみに、ここで鍵をなくし足止め2時間・・・

DSC06346.jpg

ノシャップ岬。

DSC06462.jpg

たまらんですよ。

DSC06454.jpg

ちなみに、これが岬に行くまでに見ることができる、利尻島に沈む夕日。
山は、通称「利尻富士」

DSC06438.jpg

宗谷岬。
めちゃ寒かった・・・

DSC06471.jpg

襟裳(えりも)岬。
霧でなんもみえーん笑

DSC06653.jpg

それでは時系列に沿って。

まずは、函館・札幌の夜景シリーズ

函館レンガ街、夜のライトアップ。

DSC06202.jpg

よくポスターに使われているショット。
坂の上からの函館。

DSC06216.jpg

お船もライトアップ。

DSC06217.jpg

札幌ライトアップ。
霧で展望台いけなかったのが残念・・・

DSC06299.jpg

おまけ。
函館のライダーハウスで見つけた、シカの角をつけたカブ。

DSC06225.jpg

道の途中で、山から雲が滝のように流れてくる光景を見る。

DSC06478.jpg

サロマ湖展望台から。

DSC06482.jpg
DSC06483.jpg

世界遺産・知床へ。

知床峠・のぼり。
羅臼岳をのぞむ。

DSC06520.jpg

シカも愛をはぐくんでいました・・・

DSC06529.jpg


スーパー美しい、羅臼岳。

DSC06532.jpg
DSC06524.jpg

知床峠・くだり。

雲の上を走ります。

DSC06544.jpg
DSC06545.jpg

くだりの途中にある無料露天温泉。

DSC06553.jpg

っておい!
我慢して入りました・・・

DSC06555.jpg

開陽台という小高いところから見る北海道。

DSC06565.jpg

表摩周展望台は交通規制が敷かれているので、裏摩周から。

DSC06583.jpg

しかし、逆光・・・

そして、神の子池へ・・・

DSC06597.jpg

注意、これは水です。
すごい透明だったため、1瞬あせた覚えがあります。

DSC06598.jpg

以下、神の小池ショット。
どれかの写真に魚が写っています。
見つけられたあなたはハッピー!

DSC06601.jpg
DSC06603.jpg
DSC06605.jpg
DSC06606.jpg
DSC06607.jpg
DSC06609.jpg
DSC06615.jpg

しかし、屈斜路湖もなかなかおもろいところです。
ちょっぴり温泉を発掘した気分に!

DSC06620.jpg
ewew.jpg
帯広から襟裳岬に向かう道路。
黄金を敷き詰めるくらいにお金がかかったことから、このネーミング。

DSC06648.jpg

苫小牧から洞爺湖に向かう峠。
オロフレ峠。

DSC06670.jpg
DSC06665.jpg

洞爺湖。

DSC06684.jpg

洞爺湖のような透明なサミットになったのでしょうか?

DSC06679.jpg

なんちゃって笑

DSC06682.jpg

北海道キャンプシリーズ。

チルド餃子ともやしをテキトーにいためた挙句、ご飯は硬すぎてまずかった・・・

DSC06467.jpg

ライダーハウスで。
カレイとホッキ貝の海鮮丼と、レタスのお吸い物。

DSC06487.jpg

屈斜路湖のほとりでご馳走してもらった、秋刀魚のテンプラ。

DSC06632.jpg


最後に、北海道グルメシリーズ!

函館朝市。1050円

DSC06195.jpg

札幌味の時計台本店。750円

DSC06289.jpg

網走朝市流氷丼。600えん。

DSC06489.jpg

摩周湖スーパーの寿司。
50%オフかと思ったら50円オフだったっていう悲しいオチ・・・

DSC06627.jpg

広尾牛トロ丼。850円

DSC06646.jpg

苫小牧ホッキ・ウニ丼。1500円

DSC06660.jpg


北海道は、とにかく虫が多くて、ヘルメットが虫だらけになりました汗

DSC06596.jpg

おっさんたちが何年も連続で北海道にかよう理由が理解できました。
死ぬまで北海道に行き続けたい。
そう強く思わせられたところも、やっぱり北海道の魔力なのである。


そして、最後の大地へ。

DSC06701.jpg

⇒⇒LAST⇒⇒「東北」
スポンサーサイト
この記事のURL | 日本1周 | CM(0) | ▲ top
<<【総集片】 「約束」(東北地方) | メイン | 【総集片】 「日本海のように、荒々しく、猛々しく」(中国地方・北陸地方)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。