スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【END ROLL】 一瞬の衝動は 永遠の激動
2008/09/15(Mon)
期間 : 29日
走行距離 : 10625.7km
一日の平均走行距離 : 366.4km (仙台と東京間の距離が約350キロ)

総ガソリン量 : 348.48L
平均燃費 : 30.5km/L

撮った写真の枚数 : 1528枚 (7.89G)

総使用金額 : 準備 約3万円
          旅中 約15万円
          合計 約18万円

ガソリン代 : 約6万円
食費 : 約5万円
その他 : 約4万円

平均起床時刻 : 5時半
平均就寝時刻 : 22時

ホテル宿泊 : 1日
ライダーハウス宿泊 : 2日
ネットカフェ宿泊 : 3日
知り合いの家宿泊 : 4日
キャンプ&野宿 : 19日


【もう一度走ってみたいあの道3選】

1、北海道オロロンライン
  栃木日光日本ドラマチック街道

2、長野ビーナスライン
  
3、北海道知床峠


【もう一度見たいあの水3選】

1、北海道神の子池

2、白神産地十二湖「青池」

3、屋久島の海


【次は絶対行きたいあの場所3選】

1、屋久島縄文杉

2、白神山地

3、北海道地球岬


【もう走りたくないあの道3選】

1、国道494号線(高知から愛媛へ抜ける道。夕暮れ時に終わらない峠、絶望しました。)

2、国道445号線(熊本の山道を通る道。ここでスリップ転倒しました・・・)

3、長野県碓氷峠(道の状態がひどすぎる!コーナーに砂、ヒビは当たり前。命の危険を感じました。)


【高かったグルメ3選】

1、秋田きりたんぽ鍋 : 2500円

2、富山ウニイクラ丼 : 1650円

3、苫小牧ウニホッキ丼 : 1500円


☆SPECIAL THANKS☆
・福島で道を教えてくれたおっちゃん
・栃木で絞りたてメロンジュースをくれた直売店のおばちゃん
・岐阜できゅうりやお茶をごちそうし、励ましのこ言葉をくれたおばちゃんとおばあちゃん
・岐阜で道を教えてくれ、励ましてくれたおじさん達
・大分で浜辺にキャンプしてもいいと言ってくれたおじさん
・鹿児島で泊めてくれたあらぼー
・屋久島で世話焼いてくれたキャンプ場の管理おばちゃん
・屋久島のキャンプ場で語り合ったNさん
・佐賀で泊めてくれたマウンテンボーイ
・広島で広島焼きを食わせてくれたくさP
・滋賀でご飯に付き合ってくれ、お守りまでくれた知さん
・店オリジナルのメモ帳をいただけただけでなく、
 ポリタンクに水を補充してくれ励ましてくれた秋田の料亭「お多福」の皆様
・札幌で飯を食い久しぶりに会った元ピザ帽子仙台店店長
・黄金岬で一緒に鍵を探してくれ、見つけてくれたおばさん
・稚内のキャンプ場で色々と世話を焼いてくれたお兄さん(ZX-9Rの)
・網走のライダーハウスで語り合ったおっさん達
・屈斜路湖のキャンプ場で一緒に騒いだおっさん達
・高橋家の皆様
・毎日励ましてくれたかおるさん



これで、日本1周関連の記事は終わり。

誰かの言葉、「人生は旅」
その意味がようやくわかった気がする。
迷うことだってある、転ぶことだってある。たまに行き止まりもある。
でも、その道は自分が地図を見て進もうと決めた道。
引き返せるなら引き返せばいい。
引き返せないなら進むしかない。
誰を責めることもできない。
知らない道を知ったかぶりして進んでも迷うだけ。
慎重に、時には道をたずねることも必要。
でも、自分の選んだ道を好きなように、好きなだけ走れることってすばらしい。
何より気持ちがいい。
旅は教えてくれた。
自分の生き方さえも。
もう迷いも、戸惑いも無い。
いざ行かん!


私の日本1周の記事を見て、少しでも日本のすばらしさ、そして、旅をすることの重要性や憧れを感じていただければ幸いです。
1日でも1週間でも、自分で道を決めて、自分の足で進んでみれば、きっと何か見つかるはず、感じるはず。
なぜなら、「一瞬の衝動は永遠の激動」なのだから。

励まして下さった皆様、本当にありがとうございました。
どうか皆様に、旅のご加護を。


【完】
スポンサーサイト
この記事のURL | 日本1周 | CM(0) | ▲ top
<<★タイヤの死★ | メイン | 【総集片】 出会い片>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。