スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【湘南の風】
2009/05/03(Sun)
とうとう始まりましたね、ゴールデンウィーク。
仕事を始めると、休日が本当に愛おしくなります。

決して無駄にはできないですね!

ということで、初日の土曜日からクルマで遠出をしてきました。

柏インター→首都高→東名高速→湘南→横浜→首都高湾岸線→帰宅

というルートです。

高速道路を使用するということで、必須になるパーツがあります。
それは「ETC」!

ご存知の通り、首都高速が1000円とか、色々な割引が出来たせいでETCは大人気です。
そのせいで品薄状態が続いており、クルマを直したところだと今年の秋まで納品待ち・・・
オートバックスとかのパーツ屋でも6月まで待たなければいけないらしいです。

ちなみに
・本体4万前後
・機械登録料5千円(機械に、取り付け自動車の情報を読み込ませること・・・軽自動車、普通車等)
・取り付け料1万円

くらいで、合計5万円前後設置費用がかかることになります。

そんな中、今回僕が取り付けたETCは合計1万5千円で済みました。

ヤフオクで、中古・無名のメーカー品・シガーソケット対応品を購入したからです。
(シガーソケット付きなので、取り付け工賃ゼロ。中古ということで、普通車で機械登録済み。なので登録料もかかりませんでした!)

DSC09137.jpg

DSC09138.jpg

カンタンに設置して、出発!


【湘南】

柏インターに乗ってから2時間くらいで、茅ヶ崎の上の厚木インターに到着。
そのまま湘南海岸に行ったのだが、予想通り激混み・・・

まあのんびりと、しかしガソリンをたっぷり使いながら、渋滞突破・・・

どっかの海岸公園にて。
遠くに江ノ島を望む。

DSC09061.jpg

風が強く、白波が常の湘南。

DSC09086.jpg

海とRX-7とおれ。

DSC09069.jpg

江ノ電。

DSC09078.jpg

ゴールデンウィークですらコレなんだから、夏とかやばいんだろうなぁ・・・
クルマでは極力行きたくないスポットです。
おまけにバイクのすり抜け量が半端ない・・・

バイクがにくくなったのは、後にも先にもこれが始めて。


【横浜】

湘南から国道16号に抜けて、そのまま横浜へ!

初めて機械式駐車場。
ワイドボディーのため幅ギリギリでした・・・

DSC09101.jpg

そして中華街へ!!

DSC09097.jpg

中華街らしい看板が並ぶ。

DSC09100.jpg

中華街って店全部がおいしいわけじゃないんですね。初めて知りました。

実際、90円の肉まんが一番おいしかったです・・・


【湾岸ナイト】

横浜を出て、そのまま「横浜ベイブリッジ」「お台場」「レインボーブリッジ」を通過する、首都高湾岸線を通って千葉まで帰りました。

夜の車内イルミネーション。
赤が危険な気分にさせてくれます。

DSC09102.jpg

流れる光写真集。

DSC09104.jpg

DSC09109.jpg

都会の高速って、なんでそんなに車線が多いの?
逆にどこ走っていいのかわからなくなるわ!

しかも、分岐が多くて焦らずにはいられない。
下手するとトンネルの中で分岐しているって・・・
もはやトラップ。

なにより高速スピードに対する恐怖が抜けない・・・
特に、片側2車線かつ、高速コーナーが続く入り組んだ都内エリアは怖い。

いったい時速何キロまでコーナーを曲がれば、後輪が滑り出さないのか、その限界がわからないので・・・

しかも、高速道特有の頭フリーズ状態が訪れると困ります。
首都高ってめったにパーキングエリアがないので・・・

帰り着いたのは午後10時すぎくらい。
燃費もよいので、高速道路はすばらしいですね!

【旅行データ】
◆走行距離:270キロ
◆平均燃費:8~9km/l(ハイオク117円/l)
◆高速料金:約5000円


湘南はともかく、中華街はもう一度リベンジをかましたいですね・・・
ともかく、クルマっていい!
ドライブっていい!

自分の手で、自分でハンドルとって、自分で進路を決める。
本当に楽しいし、すばらしい!

ゴールデンウィークはまだ始まったばかり!
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
<<【ロングビ-チ(九十九里浜)】 | メイン | 【激情版】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。