スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【筑波スカイライン!】
2009/06/28(Sun)
いつぞや雨の中、黒酢氏と筑波山に温泉入りに行ったので、リベンジで筑波山に特攻することにした。

筑波山は夜行くと、峠の走りやで溢れているらしいぞ!
リアル頭文字Dの世界が広がっているらしい!

と、その前に

◆初めてのオイル交換!◆

FD購入時から約半年が経過!
走行距離も3500キロくらい走ったので、オイル交換を行うことに!
(ちなみに、ロータリーエンジンであるFDは3000キロ毎のオイル交換が必要・・・
普通なら5000キロ毎でいいのに・・・)

近くに、マツダディーラー我孫子店があるので、そこにピットイン。

DSC09506.jpg

純正オイル3回クーポンで約6000円。
つまり、オイル交換1回で2000円で済むのだ!!
バイクの時4000円くらいかかっていたら、車って安いなぁと思ってしまった。

ちなみに、ロータリー専門の上質オイルだったら1回1万円越えます・・・


◆筑波山を望む◆

実は筑波山は日本100名山にも選ばれているのだ。

DSC09513.jpg


◆筑波山(上り)◆

上りを爽快に走りたかったのだが、峠道に恐れをなして、ノロノロ走るデミオに前を走られベタづけで後を追いましたが、思い通じず譲ってくれず・・・

常時2速でしか走れかったこの上りが、山頂で悲劇を生む・・・


◆筑波山山頂付近◆

山頂まではロープウェイ&登山でしか行けないのでこちらで一服。

それでも眺めは爽快です。

DSC09516.jpg

DSC09518.jpg


◆オーバーヒート◆

眺めのいい所から写真を撮って、車に戻ってキーを回すと・・・・

「ピー!!!!」

「!!!!?????」


何と、水温計の針が上限振り切っている!

何か!!??と思って、ボンネット開けてみると・・・・

ボコボコボコッッ!!

「あれ?おれボンネットの中でパスタかなんか茹でたっけ!!??」

すさまじく水が沸騰する音がする!!

原因は、上りで2速でノロノロ走っていたせいで、エンジン回しっぱなし+風が入らずエンジンが過剰に熱をもってしまったのだ!
それで、冷却水が沸騰してしまい、冷却の役目を果たさなくなった現象であったのだ・・・

・・・ということでボンネット全開&書類でエンジンルームを仰ぐ!仰ぐ!(ほとんど意味なし笑)


しばらくしてると沸騰音が収まって、熱も引いてきたので車を何とか発進させたのだった・・・

これがFDで多いトラブルの一つ「オーバーヒート」なのだ~
普通のエンジンよりもいっぱい回っているロータリーは、熱を持ちやすく、冷却対策をしっかりしないといけないのだ!

ちなみに車体色が黒とかだと、渋滞中にオーバーヒートとかしちゃうらしいぞ・・・


◆筑波スカイラインの戦い◆

景色は抜群なのだがー景色を楽しむ余裕がないぞこりゃ!

DSC09520.jpg

しかし走っていて爽快!

DSC09519.jpg

しかし、のんびり・・・といえど、かなりのスピードで走っていると・・・

後ろから猛烈に煽ってくるシルビアが一台!
とその後ろにインプレッサが一台!


日ごろのストレスが溜まっているおれが取った行動は・・・

「ダレに煽りいれてくれてんだよ・・・
コーナー2つも抜けりゃ、バックミラーから消してやるぜ!!」

(20%くらいマジ)

ギアを落としアクセルを踏み込む!(20%くらいマジ)
が、しかし、初めて走る峠を早く走れるわけもなく、始終煽られっぱなし・・・

きつめのコーナーで、タイヤがシフトロックして鳴きだしたのをきっかけに、戦意喪失・・・
というか恐怖・・・

ハザード出して降参し、しばらく走ってみると、眺めのいい所に駐車場が。

DSC09524.jpg


安心して、そこでコンビニで買ったおにぎりとお茶を飲んでいると・・・

ガォンガォン!!

すさまじい音と共に、何かが駐車場に入って来た。

DSC09525.jpg

これは・・・!

DSC09526.jpg

フェラーリF40・・・


掟破りのスーパーウェポンすぎます。
ちゃんとサーキットに行きましょう・・・


◆筑波山ドライブを終えて◆

筑波山は手ごろなドライブスポットで、家から往復しても、距離100キロくらいで行ける!

しかし、計算してみると燃費がすごい。
最低記録のリッター5キロ程度しか走ってないぞ・・・

頻繁に行くところではありませんね汗

DSC09534.jpg

せっかく洗車したのに、お決まりのパターンで次の日雨・・・

7月にロングドライブの計画を立てているので、それを楽しみに生きていきましょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(3) | ▲ top
<<【社会人初の夏休み計画】 | メイン | 【東商カラーコーディネーター検定終了!】>>
コメント
-  -
お前さすがにそれはないだろ
完全にクーランとクソなのいれてるか
エンジンオイルやっすいのいれたやろ
それか排気の掃除しろって
多分排気のとこ掃除したらめっちゃ白煙ででくるばい
お前~セブンが泣いてるよ(゚Д゚)イライラ
2009/06/29 21:30  | URL | 草野 #-[ 編集]
- >くさP -
うーん(゜-゜)
セブンは水冷だから、オイルは冷却系統に関与しないとして、クーラントは純正だね。
まぁ、一応あれも10年前の車だから、今更昔の技術にそのまま純正を使っているおれはクソヤローかもな(笑)

ちなみに排気系統ってナンダ??
セブンの排気系トラブルは聞いたことないなぁ。

しかし分かって欲しい。
ロータリーの水温管理はマジにシビア・・・
アクセル全開にしただけで、足元が熱を帯びるほどなんだぜ!
それがたとえ純正でも!
オーバーヒートすると、クーラントがエンジン内に入り込んで、そのままエンジンご臨終~

冷却対策は、ラジエーターの大型化がメジャーだね。
セブンを買ったらまず冷却系統の強化、が合言葉だから(笑)

くさP、RX7という車はスポーツカーの中で1番お金がかかる車なんだよ。
その理由がトラブル。
(RX7トラブルで検索したら死ぬほど出てくる)

ロータリーエンジンは高性能の反面、高負荷なエンジン。
それゆえのトラブル。

それでも、RX7を所有したことを後悔すら人をおれは見たことないね。
なぜならそれを凌駕する喜びを与えてくれる車だから。

というわけでこのトラブルは誰もが経験するもの。
今後とも末永く見守って下さい。
2009/06/29 23:40  | URL | まこと #-[ 編集]
-  -
http://gen-fd3s.blog.so-net.ne.jp/2006-05-17

↑オーバーヒートでエンジンぶっ壊れた例
しかも購入1ヶ月・・・
これがRX-7の現実。
2009/06/30 01:20  | URL | マコ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。